大阪市の不動産の名義変更なら小林宏道司法書士事務所
HOME>小林宏道ブログ

小林宏道ブログ

非嫡出子に関する民法の一部が改正されました
 平成25年12月11日付けで民法の一部を改正する法律が施行されました。
 
これは平成25年9月4日の最高裁大法廷で、旧民法第900条第4号但書の規定、いわゆる非嫡出子の相続分が嫡出子の2分の1とする部分につき憲法違反であるとした決定を受けて、その部分が削除され、非嫡出子の相続分は嫡出子と同等とされました。
 
改正法は、最高裁決定のあった翌日である平成25年9月5日以降に開始した相続について遡って適用するとされました。
 
また、最高裁決定では遅くとも平成13年7月当時において違憲であったとしつつも、既に遺産分割協議や遺産分割審判が終了しているような「確定的な法律関係」には影響を及ぼさないと判示されました。
 
従って、改正法が適用されるのは、平成13年7月1日以降の相続について、未だ遺産分割協議等がされていない、所謂未分割の相続案件について適用があるものと思われます。
 
協議による分割では、ある相続人の相続分をゼロに出来るので、結局、今までと変わりません。遺産分割協議等の「確定的な法律関係」が終了していれば、遡って否認されることもありません。法定相続の場合や遺産分割協議が纏まらず、調停や審判に移行している場合について、非嫡出子がいる場合は、影響が出てくるでしょう。
投稿者 小林宏道司法書士事務所 (2013年12月19日 10:09) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :