大阪市の不動産の名義変更なら小林宏道司法書士事務所
HOME>小林宏道ブログ

小林宏道ブログ

12年間登記していない会社は解散させられるかも?
 全国の法務局では平成26年度に休眠会社、休眠一般法人の整理作業を行うらしいです。

休眠会社とは最後の登記から12年を経過している株式会社であり、休眠一般法人とは最後の登記から5年を経過している一般社団法人及び一般財団法人(公益社団法人及び公益財団法人を含む)です。

平成26年11月17日現在で上記に該当する法人は平成27年1月19日までに役員変更等の登記をするか「まだ事業を廃止していない旨」の届出をしないと解散したものとみなされ、法務局が職権で解散の登記をしますので注意が必要です。

株式会社でいうと平成14年から登記をしていない会社は休眠会社とみなされる恐れがあります。会社法施行後役員任期がそれまでの2年から10年に延長できるようになりましたが、会社法が施行されたのが平成18年5月ですから少なくとも施行前の平成16年から平成17年には役員の登記を行う必要があるので、それをしていないことは実質の休眠状態ということなんでしょう。

また会社法施行後、役員任期を10年に延長した会社もぼちぼち10年経過する可能性があるので注意が必要です。

該当する可能性のある会社の方はご注意下さい。


 
投稿者 小林宏道司法書士事務所 (2014年7月23日 14:26) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :